全国少年警察ボランティア協会

menu
Survey

調査・研究

青少年の非行防止及び健全育成に関する調査研究を行っています。

  1. 少年警察学生ボランティアの活動状況等アンケートにより調査研究
    少年の非行防止及び健全育成のための活動に資するため、少年警察ボランティア活動の実施状況等について調査を実施するものであります。
    24年度は、少年警察学生ボランティア制度の発展に資するため、地域における少年警察学生ボランティア(以下「学生ボランティア」と略称。)の活動状況等についてアンケートにより調査を行いました。
    調査は、現に委嘱されている学生ボランティアの中から無差別で抽出した581名(回収率70.6%)に対して行い410名から回答を得ました。アンケート調査の結果を集計分析を行って、結果報告書を作成し、都道府県警察、県少協、県防連及び関係機関・団体へ配布しました。
    結果報告書(PDF 40KB)
  2. 少年の非行防止及び健全育成に関する調査研究
    少年の非行防止及び健全育成のための活動に資するため、少年警察ボランティア活動の実施状況等について調査を行うものです。
    平成27年度は、テーマを「少年警察ボランティアの活動事例」とし、全国の少年警察学生ボランティアから事例を募集し、調査結果を「その4 少年警察学生ボランティアの活動事例」としてまとめ、各都道府県警察少年課及び県少協へ1700部を配布しました。平成16年、21年、24年に続く第4集となります。
  3. 少年警察ボランティア研修教材等の調査作成
    少年警察ボランティアの研修教材にするための小冊子を作成するものです。23年度は、平成18年4月から平成23年3月までの5年間における都道府県警察の女性補導職員が取り扱った事例60編を収録した小冊子『女性補導職員リレー・エッセー〈じゃあね〉』を作成。各都道府県警察少年課及び県少協へ3万部を配布しました。